スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代は今批判から創造へ!

時代は今批判から創造へ大きく舵を取るべきです。
もう小さなことで足を引っ張り合う時ではありません。

日本国の1000兆円にものぼる借金(国・地方全部合わせて)!
これは国民ひとりあたり(子供も含め)800万円の計算です。
どうするんですか?

1990年以降の20年の間に、日本国の借金はこれほどまでに膨れ上がりました。
2/3は自民党政権、1/3は民主党政権の時代です。これ自体批判されてしかるべきです。
他方、それぞれ国民が大なり小なり直接関節にその恩恵を受けてきたことも事実です。
国に対して、してくれない、してくれないと言い続けてきた結果でもあるのです。
やせ細った親父の脛をいつまでかじり続けていいものでしょうか。
覚醒すべきは日本国民なのです。
辛い現実も、受け止めざるを得ないのです。日本全体が「かまゆでのカエル」にならないことです。ぬるま湯に安住して気づいたらとんでもないことになっていた、とならないことです。第3極であれ第4極であれ、耳ざわりの良い話は注意したほうが良いでしょう。
「苦い薬」ほどよく聞くのです。今、この国にはそれが必要です。
残念ながら、すべての国民、すべての党派はまずこの1000兆円の借金という現実の上に、この国の将来のビジョンを描かざるを得ないのです。それを無視した選挙目当ての美辞麗句はそれこそ犯罪に等しいと思いますがいかがでしょうか。
理想とウソの堂々巡りの議論から卒業すべきです。
イコールフィッティングというか、「現実」という対等の立ち位置の上に公平な議論を組み立てないと意味をなさないと思います。
時代は今、「批判」から「創造」へ舵をとる時期です。

小林正美
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

(有)樹庵

Author:(有)樹庵
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。