スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性善説と性悪説

人間の本質は善である。しかし時として間違いもしでかす。
他方,人間はどれもこれも悪である。放っておくとロクなことをしないものだ。だからたくさんの縛りをかけておくことが必要だ。

これらは全く逆の考え方です。どちらが正しいとも言い切れません。
でも,私は昔から根っからの性善説派です。
今までの人生を振り返ってみて,人間は誰であれ善人だと思います。優しく,思いやりもあって素晴らしいというのが本質的なものだと思います。
性悪説だと,とにかく人間の行動にありとあらゆる規制をかけて,息苦しい社会になってしまうような気がします。親が子供たちに「いい子にしなさい」ばかりをガミガミ言い続けると,子供はじっとして何もしない,冒険も努力もしないおとなしい子供ばかりになってしまいます。
会社でも,上司が間違いばかりをことさらに指摘し続けると,ルールとマニュアルと失敗したことの責任ばかりが重くのしかかって,何もしない伸びない会社になってしまうと思うのです。
つまづいたっていいじゃないか,にんげんだもの!(みつを)

小林正美
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

(有)樹庵

Author:(有)樹庵
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。