スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類はアジアの文明から学ぶことがいっぱいある!

「NHKスペシャル・四大文明 中国(鶴間和幸著・日本放送出版協会)」を読んで感動しました。
自然界は「木火土金水」の五元素からなり,それらが互いに混和して生ずる産物によって,無限の恩恵を永く受けてきました。
昔からそれを「五行」というそうです。
「五行相生」の連鎖とは,木から火が生じ,火は土を生成し,土は金をはらみ,金から水が湧き出る,そして水はまた木を育てる…。この連鎖が生み出す恵が人々の生産と生活を永く支えてきたのです。
他方,水は火を滅し,火は金を融かす。金は木を刈り,木は土の養分を吸い上げる。さらに土は内に水を蓄え逃さない。この関係を「五行相剋」というそうです。
これが後に天地陰陽説と結合し,広く東アジア一体にこの思想が浸透しました。
木と生きる,火の力を使う,土との連帯,金と力,水の恵み,これら相互の依存と協力が人を幸せにし,地球を豊かなものへと進化させてきました。
しかし,それがいつの間にかこの文明も,人間の手で木と森が乱伐によって消滅し,水は黄色く濁って飲める状態ではなくなり,土は乾燥し砂漠化しました。火と金は権力の象徴として,人々を戦争の道へと追いやりました。
その悪の連鎖が2000年の間に地球上の至るところで繰り返されました。そろそろ私たちもそれに気づき,21世紀は「五行創生」の本来の連鎖へ回帰することを目指したいものです。

小林正美
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:(有)樹庵
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。